投稿者「maaruk」のアーカイブ

全身に侵攻してくる毛の脅威

Published / by maaruk / Leave a Comment

自分は若い頃からとても毛深いのが悩みです。

しかも遺伝でもなく家族親族含めても体毛が薄い一族なのに自分だけ濃いという矛盾がさらに悩ませました。

気持ちの問題で済めばまだ良いのですが世の中は毛深い方を好きな婦女子の方は少数派だと思いますし 何よりケアがとても大変です。

放置しておけば良いんじゃないかと思われそうですがそうすると恐らく獣人みたいになると思うのでそうはいきません。

とりあえずどんな感じか状態と部分別ケア方法を書いていきたいと思います。

ヒゲは言うまでもなく濃いです毎日電動シェーバーを使いバリバリ剃ります(肌が弱いのでT字は使えません)朝剃っても夜にはもうジョリジョリします。

更に億劫するとよからぬ場所からも生えるので厄介です。(頬の一部や首の一部目尻の辺りにもピョコンと生えます)

身体(胸や肩周り)・・・胸毛も生えます。しかも満遍なくです。ここも電動シェーバーかボディ用のスムースレザー(ガード付き)で剃ります。

背の方にもちょこちょこ生えるのでこちらも纏めて仕上げます。

腕毛 手の先から二の腕に至るまで薄く満遍なく生えますこちらは人の目に触れますので丁寧に早めに処理してます。(それでも1週間くらいでこんにちわ状態に戻るので大変です)胸と同じくボディ用の物で剃ります。

お腹周り・・・ギャランドゥどころではなく毛の林状態です。(自分は長くはなりにくいのですが生える速さと範囲がやばいです)剃ると赤くなるのである程度おいてから処理しますこちらもボディ用です。

お尻・・・凄いですよ。ボーボーです剃りにくさもあり月一程度の処理です電動カミソリか除毛クリームを使います。

陰部・・・細かくは言えませんが濃いです。ハサミで整えて一部は慎重に剃ります。剃り終えた後がチクチクして嫌ですね。

足・・・凄く濃いです。夏場は多分同じくらいの方が居ません。あまり処理はしません。すぐ生えるのと長ズボン履けば目立たないからという理由です。

デリケートゾーン・・・やはり濃いです。基本的に見せるような事はないんですが、温泉や彼女ができたりしたときは困ります。ある意味、一番恥ずかしいかもしれません。

一度、VIOの脱毛を行ったことがあるんですが<http://xn--vio-cl4bth1dy119bpx9a.jp/>恥ずかしくて1度で止めてしまいました。

あの時我慢して通っていれば、今みたいに悩むこともなかったなって後悔しています。

ざっと書きましたがやはり面倒ですし費用もかさみます。(除毛クリームや肌のケアに剃り用具等)

未だにこの生活は続いていますがいつか全身脱毛をやってみようと密かに計画してます。

以上が自分の毛深いことの悩みと処理方法でした。同じ悩みを持つ方の参考になれば幸いです。

車の5年ローンについて

Published / by maaruk / Leave a Comment

僕はローンを組んでいるのは車だけになりますが、新型のハリアーを一目みた時にすごく良い車だと思い一目惚れしました。

その時に乗っていた車がホンダのストリームでした。
ストリームも新車で買ったため、丁度3年でローンが終わる時でした。

ローンを終えてあとは車検を通して乗ろうとしていたところなくなったはずのハリアーがTOYOTAさんで旗が立っているのをみて思わず店に入りました。

そして見積もりしてもらったのですが、その際に360万円ほどでした。
今の自分には360万円は大きかったため、買うのを迷いました。

そして家に持ち帰り、検討したのですが中々出せない金額で、今のストリームを売ると少しお金が余るためそれを頭金に当ててやるとどうかと思い考えました。

60万は頭金に当てることが出来たので300万円をローンに当てることにしました。
3年ローンにしても月々の負担には大きい金額です。

そして、5年ローンにしてもらったところ少し月々に余裕が出来るため、5年ローンを選ぶことにしました。
まだ年が若いため、保険の方も高いため両方合わせて月々5万円のローンになりました。

あまりローンを組みたくはないのですが、ローンを組まなければ買えないものもあるっと感じております。
そして、次にローンを組むとしたら家のローンが待っていると思います。

ただ、今の月々のローンは少し高いとは思いますがローンのおかげで今好きな車に乗れていてローンのおかげで仕事も頑張れているのですごくいい買い物をすることが出来ました。

ただ、ローン地獄になるという話も聞きますので今後はそこを注意して、あまりローンは組まない方向でやっていきたいです。

このハリアーの5年ローンが終わったらもうローンはとりあえず組まないようにします。

新しい良い車が丁度5年後に出ていたらまたローンを組んでしまうかもしれませんが、その時にはその時に任せます。

ローンを組まなくてもいいように貯金を増やすことを目標としていきます。

ただ、ハリアーに乗り出したらアレもコレもとカッコよくカスタムしたくなるんですよね。なのでお金が貯まらない(-_-;)

この間も、急にお金が必要になったんですが手持ち金がなくて、結局カードローンでお金を借りてしまいました。

ここで・・・急ぎでお金を借りたい場合

こんな事をしていたら、いつまでたってもお金が貯まらないですね。。。

低金利キャッシングで借換える

Published / by maaruk / Leave a Comment

低金利キャッシングはその金利の低さから、何かと利便性が高まります。

たとえば新規の借入でも金利負担が既存の高金利キャッシング商品に比べ、低く抑える事が出来るメリットがあります。

また応用編として既に借入しているキャッシングを低金利キャッシングに借換えする事で、毎月の金利負担を大幅に軽減させる事ができます。

このようなテクニックは、以前から存在し多重債務者を中心に人気となった、ローンの一本化でもこの考え方に基づいて、ローン商品が組まれました。

しかしローンの一本化による金利負担軽減と、既存の借入の借換えとでは、金利負担の軽減のレベルが違い過ぎます。

つまり既存のローン商品の借換えの方が大幅に軽減できる可能性があるのです。

たとえば5社からキャッシングをしていたとして、すべての金利負担が均一で18%のローン商品を、おまとめローンとして18%で一本化すれば確かに5社の金利18%を負担するよりかは金利負担額が軽減されます。

しかし1社18%で借入しているキャッシングローンを、年利4%台で借換えした場合の金利負担軽減幅はマイナス14%です。

片方は金利負担は変わらずに借金を圧縮化したケース、もう片方は金利負担を一気に4%に下げたケースですが、長期的に見て返済回数も金利負担額も金利を下げた方が計算上はお得なのです。

このように低金利のキャッシングへ借換えする事は、ローンを組む上での常套手段ですし、金利競争激しい昨今だからこそ、お得に借換えしていきたいものです。

また、キャッシングは使い勝手がいいのも特徴ですね。使い道自由となっているのでどのようなシーンにでも活用することが出来ます。

私は以前、子供の保育料の支払いでキャッシングを利用したことがありますよ。《保育料払えない

この時は保育料が払えず困っていたので助かりましたね(‘ω’)ノ

 

車のローンよりも低い場合がある

低金利のキャッシングサービスはもしかすると、マイカーローンよりも安い場合があります。一般的なキャッシング業者のマイカーローン金利が7%から5%程度です。

しかし低金利キャッシングの金利は、低いものだと2%台からあります。特に車のように単価が高いものだとそれだけ枠が大きくなりますので、枠の大きさから考えれば2%台から3%台で申込する事ができます。

車を新車で購入しようとすると、200万円から高いものだと800万円くらいです。しかし一般的にカードローンキャッシングとは、枠が大きければ大きい程、金利はそれに比例して下がっていきます。

従って枠が400万円から800万円クラスになると、借入金利も2%台や3%台も夢ではないのです。ただこの金利はごく一部の信販系クレジットが設定しているキャッシング金利ですので、銀行カードローンや消費者金融などの金利では難しいかもしれません。

しかし実際に低金利で申込する事ができるキャッシング業者は探せばいくつも存在します。カードローンは金利が高いものだと決めつけるのではなく、出来るだけ金利の低い業者を捜してみて、負担できそうな金利幅のキャッシング業者を選ぶ必要があります。

貸金業者のマイカーローンもお得な場合もありますが、かならずしもそうではないという事、また金利が低ければ毎月負担する金利負担も少なく済みますので、合理的なのです。

低金利時代の今だからこそ、積極的に低金利でローンを組んで豊かな生活を謳歌していきたいものです。

 

家のリフォーム費用にも使える

低金利のキャッシング枠が用意されると、金利が下がった分枠も大きくなるのが一般的です。

枠が大きくなればそれだけダイナミックな資金使途にも対応する事ができますので、それこそ家のリフォームにも活用する事ができます。

一般的に家のリフォームとなると、予算は500万円くらいから1000万円前後となります。ただいきなり1000万円の枠を用意できるキャッシング業者はそうそうありません。

返済リスクが未知数のお客さんにいきなり1000万円の枠を用意すると、貸し倒れが起きた時のダメージが尋常ではないからです。

従って信用の蓄積のない初期の段階では、希望額は500万円から800万円くらいにしておきます。そして資金使途が自宅のリフォーム資金で、見積額が1000万円前後だった場合、リフォーム資金の8割をカードローンキャッシングで負担し、残りを自己資金で負担するのです。

そうすれば借金は増えますが、リフォームを貫徹する事ができます。また借金は増えるものの、枠が大きいと小さい枠に比べ低金利になりますので、返済回数は多くなりますが、毎月の金利負担は軽くなります。

このように自宅のリフォームを考えているのであれば、銀行のリフォームローンを利用するよりも、カードローンキャッシングで低金利融通できる場合があるのです。

最近のキャッシング商品は大変低金利で利便性が高まってきています。そういった理由から大きな枠でダイナミックに使う事が出来るようになってきました。

もしリフォームをお考えで、毎月の金利負担が心配なのであれば低金利キャッシングを利用されてみては如何でしょうか。